高齢者支援 | 施設を持たない介護屋さんエレファのTOPへ。

お問い合わせ

0536-29-0921

Menu

close 閉じる

介護事業 生き残りの分かれ道は? 〜有料老人ホーム相談所 エレファ〜 | 施設を持たない介護屋さんエレファ

高齢者支援 | 施設を持たない介護屋さんエレファのTOPへ。
お問い合わせ
0536-29-0921
  • トップページ
  • 介護コンサルタント
  • 認知症サポーター養成講座
  • エレファ通信
  • 会社概要
  • お問い合わせ

エレファ通信

介護事業 生き残りの分かれ道は? 〜有料老人ホーム相談所 エレファ〜

2018.01.29

こんばんは!!

 

本日は介護仲間との会議?談笑?喧嘩?とにかく盛り上がってきました。

同世代で割と同じ目線で話ができて、言いたいこと言えて

それでいて学ぶことも出来てありがてぇ仲間です。

 

この集まりは経営者さんや管理者さんが多く、

基本施設の管理をしている方々ばかりということもあって

本日も一番ホットな話題は「スタッフのみんなに伝えること」

 

これ永遠のテーマだし課題で、

僕的にはこれが出来るか出来ないかが、

今後の正直、楽ではない介護業界で生き残って行く施設かどうかの

分かれ道ではないかなんて勝手に思ってます。

 

 

平成30年。

介護保険法の改定があって、得ることが出来る報酬が変わります。

今度は0.5%の増額改定なんて言われてますが、

多分、多くの施設は減額となると思います。

 

変わる制度に沿って運営の方向を示して、

舵をきるのは経営者さんだったり、管理者さん。

で、実際に実施していくのは最先端でケアをするスタッフの皆さん。

 

ね、「伝えること」絶対大事。

 

そして「伝えて伝わること」

で、「行動すること」

 

それぞれに価値観があるからなかなか難しい。

だって今日の集まり熱くなりすぎて半分喧嘩だったもん笑

 

そんな熱い時間を経て、これから管理者を目指す方々に向けて

伝えられて伝わる研修を創りたいな。

 

 

アツすぎた今日も昨日よりちょっといい日に出来ました笑

それではまた!!

 

戻る

Copyright (C) 施設を持たない介護屋さん エレファ All Rights Reserved.

  • エレファ
  • お問い合わせ
  • 0536-29-0921
  • ページトップ
ページトップ